So-net無料ブログ作成

矢部美穂がWIN5で562万的中!JRAの競馬配当脱税問題とは?


スポンサーリンク
 Sponsored Link



こちらは矢部美穂がWIN5で562万的中!JRAと脱税問題?のページです。

タレントの矢部美穂さんが3月17日にJRAのWIN5に当たりました!
その金額、まさかの562万円! 大当たり!

でもそんな矢部美穂さんに心配の声が上がっています。

どういうことでしょうか?

↓矢部美穂さん
yabemiho.jpg

実は最近、JRAに配当金の課税についての問い合わせが殺到しています。

事の発端は、大阪地裁の脱税判決です。

競馬の配当金を申告しなかったとして
ある男性に所得税法違反という判決を下しました。

大阪市の元会社員男性(39)は2007から09年にかけて、
競馬に約28億7000万円という大金を使い、
計約30億1000万円の配当金を手に入れました。

その男性が最終的に得たのは差額となる約1億4000万円。

ですが国税庁は差額ではなく、もともとの配当金である
約30億1000万円に対して課税し、
5億7000万円を税金として支払うように命じました。

ん?いやおいおいちょっと待てよ ヾ(゚Д゚ )ォィォィ

差し引き4億円近く損になるやん!!!!

何故こういうことになってるのか?

国税庁は通達として(※法律じゃないです!)

競馬による配当金を一時所得として分類しています。
ですが、経費として認められるのは
当たり馬券の購入費のみとしています。

それに対して男性は、
負け分の馬券購入費も当たりを得るための経費である、
として国税庁に対して提訴しています。

いや、この男性の言い分ももっともですよね!

例えば、毎週2万円を馬券購入に費やしたら、
合計で年間約100万の出費になります。

まあ、少しづつ当たりが出て
年間100万円の配当をもらいましたよ、となったら
結果として収支はトントンです。

でも国税庁の今のやり方によると
当たり分の100万円という金額に対して課税され、
人によっては数十万の税金の支払いを
しなければいけないことになります。

この裁判の結果によっては
これから競馬をしようとする人が激減する可能性もあります。

ですが当のJRAは知らんぷり。
この件に関してはコメントを差し控える、としています。

ネット上の声では、

「この男性さえ提訴しなければ何も表沙汰にはならなかった。
JRAはやり過ごそうとしている。」

「明らかに国税庁のやり方おかしいだろ」

「JRA存続の危機か!?」

などなどと言われています。

この裁判の動向が気になるところです。

以上、矢部美穂がWIN5で562万的中!JRAの競馬配当脱税問題とは?のページでした。



スポンサーリンク

 Sponsored Link



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

スポンサーリンク
Copyright © My 最新時事ニュース All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
バイト

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。