So-net無料ブログ作成
検索選択

扇谷健司主審ゴール判定を取消しオフサイドに!誤審のオンパレード?


スポンサーリンク
 Sponsored Link



こちらは扇谷健司主審ゴール判定を取消しオフサイドに!誤審のオンパレード?のページです。

3月17日、Jリーグのサンフレッチェ広島と鹿島アントラーズ戦が行われました。
ですがその際に扇谷主審がやらかしてしまいました。
塩谷選手がゴールを決めるも鹿島サイドから抗議があり、
あろうことが判定を覆しオフサイドにしたのです!




扇谷健司主審のプロフィール

1971年1月3日生まれ
藤沢西高校から青山学院大学まで選手として活躍。
2004年からJリーグの主審として審判活動をする。
2007年からは国際主審として働くも、
2011年に国際主審から外れる。

扇谷主審は一度イエローカードを出すと、
立て続けにイエローカードを出しまくるくせがあります。

またこの扇谷主審、以前から誤審が多いことで有名な人ですが、

特に印象に残っているのは、
昨年8月の鹿島対浦和戦のときのことです。

試合終了間際、鹿島のジュニーニョ選手が倒されるもファウル判定なし。
ボールボーイが浦和に有利になるようにボールを投げるなどされました。

鹿島のジョルジーニョ監督が会見を行った際には
通訳が「誰にどう伝えればいいのか分からない」と
涙を流す場面もありました。

ジョルジーニョ監督によると、
彼が現役だった時よりも審判の質が落ちているそうです。

時々の誤審は仕方ないにしても、
度々誤審を起こす審判に対して
それを改善するための措置を取るのはJリーグ全体の責任です。

選手たちがせめて、気持ちよくサッカー出来るように
審判の質も高めてほしいものです。
スポンサーリンク

 Sponsored Link



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

スポンサーリンク
Copyright © My 最新時事ニュース All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
バイト

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。