So-net無料ブログ作成
検索選択

【子供5万人大虐殺の罪】エリザベス女王とローマ法王に逮捕状発行!その理由と真相とは?


スポンサーリンク
 Sponsored Link



こちらは【子供5万人大虐殺の罪】エリザベス女王とローマ法王に逮捕状発行!その理由と真相とは?のページです。

3月13日にアルゼンチンのベルゴリオ枢機卿がローマの新法王に選ばれたということで話題になっていますが、実は今月の6日にエリザベス女王とローマ法王に逮捕状発行されていたことを御存知ですか?


カナダにてアボリジニの子供大虐殺①


カナダにてアボリジニの子供大虐殺②



エリザベス女王とローマ法王に逮捕状が発行されたその理由とは




アボリジニのモホーク族のために1970年に閉鎖されるまで英国教会とバチカンによって管理されてい­たモホーク研究所の寄宿学校内にて、モホーク族の子供達の集団墓地が地中探知レーダー­によって見つけ出されました。

教会と国家の犯罪国際法廷(www.itccs.org)の秘書であるケビンアネット­牧師によると、モホーク族の研究所は、

・1832年にイギリスの英国国教会によってモホ­ーク族の子どもたちの世代を投獄し、破壊する為に設立された

・カナダ内で一番早く­建てられたインディアンの為の寄宿学校で、1970年まで続いた。

・そしてそこへ投獄された子供達の半数以上は決して戻る事はなかった­。

多くの子供達が学校周辺に埋められている。

こういった事実に対して教会と国家の犯罪国際法廷(www.itccs.org)から有罪の判決、更に逮捕状が発行されました。

そして裁判所によると、有罪判決を下された30名と関連組織の財産や資産(カナダ、アメリカ、イギリス、イタリアで)の差し押さえが決定しました。さらに懲役25年が言い渡されています。


その30名の犯罪者らとは

・カトリック教会、英国教会及びカナダ統一教会の関係者

・カナダ連邦警察の警官(複数)

カナダのハーパー首相

元ベネディクト法王(ジョセフ・ラッツインガー)

・バチカンの枢機卿(3名)

・イエズス会のトップ、エリザベス女王

・英国教会カンタベリー大司教

そうそうたるメンバーですね

まるで映画の中のような話ですが、教会と国家の犯罪国際法廷も事の発端が明るみに出始めた2011年から慎重に捜査を進めているはずです。

実際にレーダーで子供達の遺体が地中にあるのも発見されているので、間違いでした!という事はないでしょう。


スポンサーリンク

 Sponsored Link



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

スポンサーリンク
Copyright © My 最新時事ニュース All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
バイト

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。